更新日 令和元年7月8日

所在地
〒405-0041
山梨県山梨市北654

初宮詣・七五三詣・厄除祈願
合格祈願など諸祈願を承ります。

神道霊園 墓地分譲中

お問い合わせは
0553-23-5390
まで。

アクセス
お車
中央自動車道・勝沼ICから
約30分
詳しい道路の案内は
こちらをどうぞ

電車
JR中央本線・山梨市駅下車
駅前よりタクシーで約10分

山梨市による紹介は
こちらです。

大井俣窪八幡神社
窪八幡

窪八幡のホームページへようこそ

わが国最大の十一間流造本殿、現存する最古の木造鳥居

お知らせ

最近、ご朱印・お守りなどについてのお問い合わせを多くいただいております。

土日祝日は社務所を開けるようにしておりますが、

社外での祭典などで不在のこともあります。

お手数をおかけしますが、お出かけの前にお問い合わせいただけますでしょうか。

電話(0553-23-5390)

最新情報

令和元年9月1日に本殿建立500年記念の見学会・講演会を行います。

500年記念

主なコンテンツ

1)窪八幡の由来と歴史

大井俣窪八幡神社(通称、窪八幡)は貞観元年(859年)に清和天皇の勅願により宇佐八幡を勧請して以来一千年を越す歴史を有し、後代には武田氏をはじめとする甲斐源氏の崇敬を集めた伝統ある神社です。

2)窪八幡と武田信虎、晴信(信玄)

戦国時代に甲斐の国を統一し、さらにその支配地域を拡大させた武田信虎、晴信(信玄)父子は武田氏の中でも特に窪八幡を崇敬していました。

3)窪八幡の文化財について

窪八幡は本殿、拝殿、鳥居をはじめとして国指定重要文化財だけで9棟11件が指定されている文化財の宝庫です。

4)八幡神と八幡信仰について

窪八幡は八幡神を祭神としています。八幡神またはその習合神である八幡大菩薩を祀る八幡信仰は神祇信仰の中でも大きな信仰の一つです。

5)窪八幡の一年

このページでは一年を通した窪八幡の行事とその模様を写真とともに紹介します。また窪八幡の四季を写真で紹介します。

6)窪八幡と須田国太郎

近代日本洋画界を代表する画家の一人である須田国太郎(1891-1961)は代表作として窪八幡を描いた「窪八幡」(1955)(東京国立近代美術館所蔵)を残しています。


お問い合わせはホームページ管理者まで
postmaster@kubohachiman.com